ヤマろぐ。

ヤマろぐ。

超簡単!MacBookProの発熱対策!グッズ編

こんにちは。アシスタントディレクターのノベルです。

 

今回は、MacBookProの発熱対策について書いていきます!

 

具体的にいうとグッズを使った方法です。

f:id:keybordsummer:20190228024003j:plain

 

それでは解説していきます!

 

 

 

MacBookProが発熱する理由

 

どうして発熱するんでしょうね。

 

それについては、前記時で語ってたりしますので、良ければ前記事を参照ください。

www.keybordsummer.net

簡単にいうと、パソコンが動作すればするほど、パソコン内部の電子が働いています。

 

その働きにより、パソコン内部の熱がどんどん上がっていくわけです!

 

というか普通にMacBookProは加熱する

 

特に動画編集作業とか画像編集とかゲームとかしているわけでもなく、

 

負担が大きい作業は全くしていないのに、

 

あっという間に加熱しちゃうのがMacBookPro

 

YouTubeで動画見るだけで、とにかくヒートアップしてしまう。

 

動画を見るってそんなに負担が大きいのでしょうか…。

 

僕の使っているMacbookProが古いというのもあると思いますが、放っておくと、CPU温度70度くらいいっちゃいます。

 

発熱がパフォーマンス低下の一因にもなることもありますので、しっかりケアしていきたいですね!

 

まずは現在の状況をアクティブモニタで確認

 

現時点で、パソコンに最も負担をかけているプログラムを見つけてみましょう。

 

「アプリケーション」から「ユーティリティ」を開いて、「アクティブモニタ」をクリックします。

 

アクティブモニタとは、Windowsでいうタスクマネージャーのことです。

 

f:id:keybordsummer:20190730022219p:plain

 

現在パソコンがどういう感じで稼働しているか、確認できるプログラムです。

 

「CPU」欄をみると、現時点でのCPU負荷率が見られます。

 

一番上に表示されているソフトが負荷率が高いです。

 

そのため、そのソフトを終了させるとCPU負荷率が下がり、加熱を防げます。

 

わりと知らない間、稼働してあるプログラムとかあるので、パソコンの過熱を感じたら、確認してみるといいでしょう!

 

前回はアプリを使った冷却方法!

 

前回のアプリを使った方法では約20℃ほどCPUの温度を下げることに成功しました。

 

ここまで冷却できれば、なんだかんだアプリも信用できますね。

 

keybordsummer.hatenablog.com

 

しかし今回は道具です。ある道具を使って冷やしていきますよ!

 

MacBookPro発熱対策①エアブラシ

 

エアブラシを使ってパソコン内部の掃除をしてみます。

 

内部の掃除をすることで、パーツのいたる箇所にゴミやほこりを取り、排気口をスッキリさせます。

 

CPUの排熱の流れが良くなるので、これで温度が下がるはず!

 

その結果は・・・

 

70℃→68℃

 

ほとんど変わらず。

 

そもそも最近中古で買ったMacBookProなので、そこまでゴミとかなかったです…。

 

でも長年掃除してないMacBookProであれば、効果はあるはず!

 

ちなみに使ったエアブラシはこれです。

 

 

カメラ用ですが、全然使えるので問題ありませんでした。 

 

100均でも似たようなものが売っています。それでも大丈夫です。

 

MacBookPro発熱対策②エアコン

 

 そもそもですよ。

 

室内の温度のせいで、MacBookProが発熱しているのかもしれません。

 

というわけで、室内の気温を29℃から22℃にしてみました。

 

すると、

 

69℃→60℃

 

あれ!?わりと効果あった!

 

どうやら室内の温度調整もMacBook Pro発熱対策としては、重要なようです。

 

たしかにちょっと室内暑かった…。

 

これからは温度調整を怠りません!

 

MacBookPro発熱対策③冷却パッド

 

これが一番効果ありそう。

 

というわけで、冷却パッドを使用してみますー。

 

サンワサプライ TK-CLNP8BL ノートパソコン冷却パット

サンワサプライ TK-CLNP8BL ノートパソコン冷却パット

 

 

1000円もしないで買えました。

 

MacBook Proの背面に貼るので、ちょっとビジュアルはごちゃごちゃして嫌ですね。

 

でも簡単に貼れるし、剥がれるので、扱いやすい印象です。

 

 さてさてその効果のほどは…

 

70℃→53℃

 

すごい!さすが冷却パッド!

 

やっぱり直接道具を使って冷やしたほうが効果ありますね!

 

スマホにも貼れるのも良い点です!

 

今のところ、一番効果アリの方法です!

 

MacBook Pro発熱対策④冷却ファン

 

アナログな方法でも冷えるんじゃね。

 

というわけで冷却ファンによる冷却です。

 

Amazonでセールしていた冷却ファンを買ってみました!

 

 

1700円ぐらいで買えました。(セール価格)

 

これにMacBook Proを乗せて発熱対策に使う感じです。

 

それでは早速MacBook Pro冷却していきたいと思います。

 

ちなみに見た目はこんな感じ。

 

f:id:keybordsummer:20190228022753j:plain

 

 生活感満載でごめんなさい。

 

この冷却ファンはUSB給電なので、MacBook Proと冷却ファンをUSBでつなぎます。

 

f:id:keybordsummer:20190228023215j:plain 

 

これで準備完了です。

 

冷却ファンのつまみをマックスまで調整してMacBook Proを冷やします!

 

すると

 

68℃→52℃

 

ファンの音もうるさくないし、優秀です。

 

しかし17インチ対応型なので結構デカかったりします。

 

ですがファン自体が5つ付いてあるのと、パソコン台としても充分に活用できるので、コスパは良いと思います。

 

しかも台の角度調整が素晴らしく、上手く調整するとタイピングしやすくなります!

 

パソコン台としても活躍できるので、オススメですね!

 

MacBook Pro発熱対策⑤USB扇風機

 

アナログな方法でも冷えるんじゃね。

 

ということでアナログな方法第二弾、USB扇風機による冷却です。

 

 

ひたすらパソコン背面に当てるという原始的なやり方で試してみます。

 

しかし全く効果ナシでした笑

 

3度くらい一応下がりましたが、微々たるものです。

 

とりあえずUSB扇風機による冷却は辞めておきましょう。

 

まとめ

 

道具を使ったMacBook Proの発熱対策いかがでしょうか。

 

効果があったのは、冷却パッド冷却ファンです。

 

しかしパソコン内部の掃除や室内の温度調整も馬鹿には出来ません。

 

いずれもパソコンをしっかり冷却するには必要なことだと思います。

 

定期的に気をつけていきたいですね!

 

それでは今回はこの辺で。

 

ばいばい。