ヤマろぐ。

生活に役立つような情報を発信していくWebマガジン。主に電化製品、生活用品、就職関係について解説していきます。

最強の青春バンド『NUMBER GIRL』を語ってみる!

こんにちは。アシスタントディレクターのノベルです。

 

今回は個人的に最強の青春バンドである『NUMBER GIRL』について語っていきます。

 

f:id:keybordsummer:20190512022715j:plain

 

今の30代〜40代くらいの世代のバンドである『NUMBER GIRL』

 

邦ロック好きなら知らない人はいません。

 

僕はリアルタイム世代ではありませんが、地元出身のバンドということで、よく聴いていました。

 

メンバーのルックスもさることながら、

 

その見た目のギャップから織り成すオリジナリティ溢れる楽曲に、

 

僕の青春時代はNUMBER GIRLに首ったけでした。

 

今回はそんな青春時代を共に過ごしてきたNUMBER GIRLについて語っていきます。

 

 

とにかく1曲聞いてみよう!

なにはともあれ、まずは一曲聞いてみましょう!

 

『tombo the electric bloodred』

 

www.youtube.com

 

どうです?このバンドの色がわかったのではないでしょうか。

 

聞いての通り、めちゃくちゃカッコいいバンドなんですね。

 

NUMBER GIRLとは?

 

福岡県福岡市博多区出身のバンド『NUMBER GIRL』

 

f:id:keybordsummer:20190322024816j:plain

 

メンバーの独特のルックスと、そこから繰り出されるオリジナリティ溢れる楽曲のクオリティの高さに、

 

90年代当時、人気は絶大なものでした。

 

惜しまれつつも2002年に解散してしまいましたが、その人気は未だに健在なんですね。

 

というかメジャーでの活動期間は僅か4年程度です。

 

1998年~2002年までですね。

 

しかし、短い活動期間でありながら、

 

NUMBER GIRLが与えた影響というのも凄まじく、

 

現在の邦ロックバンドはほぼ全てNUMBER GIRLに影響を受けたといっても過言ではないです。

 

ちなみに星野源や椎名林檎などのアーティストもNUMBER GIRLファンであることを公言しています。

 

あまりのオリジナリティ溢れる楽曲に、どういう音楽ジャンルに分類されるべきか判断が難しく、

 

個人的にNUMBER GIRLは『NUMBER GIRL』でしかなく、

 

それ以上でもそれ以下でもなく、

 

NUMBER GIRLというジャンルなんだなと思っています。 

メンバー

向井秀徳(ギター&ヴォーカル)

f:id:keybordsummer:20190322030756j:plain

 

『蘇る性的衝動、繰り返される諸行無常』

 

このフレーズが大好きなおじさん。

 

そしてNUMBER GIRLの顔といえる存在。

 

それが向井秀徳です。

 

お酒&ラーメン大好きおじさんです。

 

ライブ中にもグイグイ酒を飲み、酔っ払いながらもMCをしています。

 

しかしそのMCがホントおもしろい。

 

この動画を見ると、その面白さがわかるはず。

 

www.youtube.com

 

独特な言葉選びで客席を沸かせ、演奏でさらに客先を沸かせ…

 

そして酒を飲みながらラーメンをきめる。

 

それが向井秀徳です。

 

しかしミュージシャンとしての技量は本物。

 

ギターはかなり上手いです。

 

なかでも特徴的なのは、音を短く切る『カッティング奏法』といわれるギターテクニックがあるのですが、

 

むちゃくちゃ上手いです。

 

また、作曲者としての素質も素晴らしく、

 

NUMBER GIRLにおける全ての楽曲は向井秀徳が手がけているのです。

 

現在は『ZAZEN BOYS』というバンドを結成して精力的に活動しています。

 

このZAZEN BOYSもまた、違う形でカッコイイんですよ!

 

今回はNUMBER GIRLについての記事なので、語るのは我慢します…。

 

www.mukaishutoku.com

 

 

ちなみに向井秀徳は2015年紅白歌合戦にも出場しています。

 

椎名林檎さんのサポートギタリストとして出演されていました。

f:id:keybordsummer:20190322032653j:plain

 通常営業だったようです。

 

田渕ひさ子(ギター)

f:id:keybordsummer:20190512004409j:plain

 

リアルボクっ娘であるひさ子さん。

 

この人以外のボクっ娘を僕は認めません。

 

ジャズマスターというギターがトレードマークであり、

 

後々のジャズマスターギタリストを大量生産することになった原因がひさ子さんなんですね。

 

女性らしからぬ轟音をギターから弾き出すその様は、

 

まさに鬼。

 

しかしボクっ娘。

 

そのギャップも相まって、人気を博しています。

 

ひさ子さんのギタープレイは、凶暴かつ超轟音で鋭いフレーズを弾きまくります。

 

女の子らしさとか全くなく、むしろ男前な音でファンを魅了し続けています。

 

www.youtube.com

中でも代表曲である『TATOOあり』のギターソロはやばいです。

 

ずっと聞いていられるカッコよさがあります。

 

そして現在はbloodthirsty butchers、toddleとして活動しています。

 

中尾 憲太郎(ベース)

f:id:keybordsummer:20190512005226j:plain

 

ゴリッゴリに歪ませた音が特徴的なベースを弾く中尾憲太郎さん。

 

単純なルート音を、変則的なダウンピッキングで繰り出すことで有名なベーシストです。

 

もはやベースではなく、ある種のギターのようです。

 

NUMBER GIRL解散後は、様々なバンドでサポートベーシストとして活躍されているそうです。

 

アヒトイナザワ(ドラム)

 

「福岡市博多区から参りましたNUMBER GIRLです。ドラムス、アヒトイナザワ」でお馴染みのイナザワさん。

 

このセリフから代表曲である『omoide in my head』の演奏へと繋がるのがライブでの定番の流れです。

f:id:keybordsummer:20190512010045j:plain

 

わりと童顔なこともあって、活動当時は女性からの人気もあったとか。なかったとか。

 

NUMBER GIRLの派手なドラミングはイナザワさんがやっちゃっています。

 

テンポが走り気味なプレイも多々あることは特徴的ですが、なにより手数の多さが半端ないんです。

 

聞いてて気持ち良くなるレベルです。

 

ドラムの基本であるテンポキープ云々のまえに、手数の多さに耳がいっちゃいます。

 

なので、多少ドラムプレイがズレてても、それはそれでアリというか個性なのかなと思いますね。

 

NUMBER GIRL解散後は向井秀徳率いる『ZAZEN BOYS』に入りますが、脱退してしまいます。

 

その後は、VOLA & THE ORIENTAL MACHINEというバンドのギターボーカルとして活躍されているそうです。

 

オススメ曲

 個人的にオススメできる曲を紹介していきます。

 

『IGGY POP FAN CLUB 』 

www.youtube.com

 『OMOIDE IN MY HEAD』

www.youtube.com

『我起立一個人(I stand alone )』

www.youtube.com

 

『NUM-AMI-DABUTZ』

www.youtube.com

 

オススメアルバム

NUMBERGIRLはライブバンドです。

 

ですので、ライブ盤を聞くことをオススメします

 

まあライブ盤って2枚しかないんですがね。笑

 

それでは紹介していきます。

 

『シブヤROCKTRANSFORMED状態』

シブヤ ROCKTRANSFORMED状態

シブヤ ROCKTRANSFORMED状態

 

Amazonレビューにも書いてありましたが、

 

音の悪さが最高です。

 

『日常に生きる少女』→『我起立一個人』→『SUPER YOUNG』→『OMOIDE IN MY HEAD』

 

この流れ超好き。

 

『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』

サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態

サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態

 

 解散ライブを収めたライブ盤です。

 

最後にして最高傑作のライブ盤を作っちゃうんだからNUMBER GIRLはスゴい。

 

ライブ終盤の向井秀徳のMCは今聞いてもカッコよさがある。

YouTubeに動画あったので、よかったらどうぞ。

 

www.youtube.com

まさかの再結成!?

活動期間が短い中で、日本の音楽シーンに強烈に印象を残した NUMBER GIRL。

 

それが再結成しちゃうんだから、たまらない。 

 

2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。
またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。
あと、稼ぎてえ、とも考えた。俺は酔っぱらっていた。
俺は電話をした。久方ぶりに、ヤツらに。
そして、ヤることになった。
できれば何発かヤりたい。

向井秀徳

 

だそうです。

 

いかにも向井秀徳らしいセリフですね。

 

 酔っぱらった勢いかどうかしりませんが、再結成することは確実なようです。

 

早くも今年の『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO』に出演が決定しました。

 

公式HPを要チェックですね。

 

www.universal-music.co.jp

 

そしてなんとなんと、ワンマンツワーもやるそうです!

www.universal-music.co.jp

今年はNUMBER GIRLの年になりそうです。

 

今後もNUMBER GIRLの動向に目が離せません!

 

まとめ

 

今回の記事でNUMBER GIRLを知った人!

 

ぜひ聞いてみてほしい!

 

そして再結成ライブに行ってほしい!

 

その凄さを目の当たりにしてほしい!

 

それが僕の願いです←

 

 

それでは今回はこの辺で。

 

ばいばい。