ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

【仕事】ADがテープを使う場面ってどんな時?

こんにちは。山下です。

 

僕は2019年10月まで、テレビ番組のアシスタントディレクターの仕事をしていました。

 

f:id:keybordsummer:20200402215941j:plain

www.keybordsummer.net

 

ちょうど丸3年ほど勤めていました。

 

なので、ある程度ADの仕事は把握しているつもりです。

 

そこで今回は、アシスタントディレクターとしての基本である『テープを使う場面』について解説していきます。

 

なぜテープなのかというと、ADの仕事の超基本だからですね。

 

テレビ業界に興味がある方、要チェックですよ。

 

撮影時の出演者の立ち位置

f:id:keybordsummer:20200402220316j:plain


ということで、テープを使う場面その1。

 

撮影時の出演者の立ち位置です。

 

どういうことかというと、

 

テレビスタッフ的に出演者には「ここに立ってほしい」という立ち位置があります。

 

その立ち位置の床にテープを貼るっていうわけです。

 

ちなみにアルファベットの『T』のように貼ります。

 

大体リハーサル時にカメラの画角とか決めるので、その時に貼ることが多いですね。

 

ちなみにテープを貼ることを『バミる』って言います。業界用語です。

「そこバミっといてー」と言われたら、そこにテープを貼るっていうわけです。

 

小道具とかセットの位置

f:id:keybordsummer:20200402220406j:plain


続いて、テープを使う場面その2。

 

小道具とかセットの位置です。

 

これもまぁ出演者の立ち位置に貼る場面と同じやり方です。

 

小道具とかセットのような無機物でも、カメラ映りを綺麗にするために、小道具を置く位置に貼ります。

 

人の場合は『T』でしたが、無機物の場合は『L』で、四隅に貼ることが多いです。

 

いや〜めんどくさいですね。

 

よくやってたなぁーこんなの。

 

しかしこのように、苦労や面倒な作業のうえに『撮影』があるんです。

 

AD志望の方は、頑張ってください。

 

物の補強

f:id:keybordsummer:20200402220602j:plain


そしてテープを使う場面その3です。

 

物の補強です。

 

その名の通りですが、撮影前後にはなぜか物がよく壊れます。なぜでしょう。

 

その緊急処置として、テープを貼るわけです。

 

ちゃんと入念に準備していても、思いもよらないトラブルは必ず起きます。

 

ちゃんとテープを貼ってトラブルを乗り切りましょう。

  

ちなみに代表的なトラブルとして、機材の故障、小道具の破損があります。大体テープを貼れば大丈夫だったりしますよ(体験談)

 

小道具の作成

f:id:keybordsummer:20200402220838j:plain


最後です。テープを使う場面その4。

 

小道具の作成です。 

 

大手キー局などの制作会社は専門に美術スタッフがいて、小道具の制作も受け持ってるかもしれませんが、

 

中小企業の制作会社は違います。

 

小道具もスタッフが作成します。

 

もちろんアシスタントディレクターの担当です。

 

その作成時にテープを使うんですね。

 

小道具の作成はAD時代によくやってました。

 

しかし、僕は本当に不器用なので苦手でした。

 

よく徹夜で作業してましたね…(遠い目)

 

いざとなったら、誰かに頼るのも手ですよ。

 

僕は泣きついて先輩ADにバトンタッチしてたりしてました。

 

テープの種類

テープといっても色々種類があるんですよ。面倒くさいことに。

 

www.keybordsummer.net

 

この記事でも書いてます。

 

  • 養生テープ
  • パーマセル
  • ガムテープ
  • ビニールテープ
  • マスキングテープ

 

これくらい常に準備しておかないとダメです。

 

一応リンク貼っておきますー。興味ある方はどうぞ。

 

 

まとめ

ということで、今回の記事は『ADがテープを使う場面』についてでした。

 

  1. 出演者の立ち位置に貼る
  2. 無機物のセット位置に貼る
  3. 小道具などの補修
  4. 小道具の作成

 

主にこの4つですね。

 

テープはアシスタントディレクターにとって必要不可欠な仕事道具の1つです。

 

使用頻度が高いので、消耗には注意したいところです。

 

常にいくつかストックを補給しておきましょう!

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.