ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

【簡単】iTunesからiPhoneに曲を入れる『安全な』方法があるんです

突然ですが、iTunesからiPhoneに曲を入れる『安全な』方法って知っていますか?

 

いや、僕は知らなかったです。

 

そもそも最近はサブスクリプションのAmazon musicで音楽を聞いていたから、iTunesは開いてもいません。

 

www.keybordsummer.net

 

でも、サブスクにはない音楽をiPhoneに取り込みたい。

 

僕の場合、ギターの教則本の付属CD。

 

そりゃサブスクにはないですよね。

 

いちいち、パソコンからCDを聞くのは手間です。めんどくさい。

 

そこで、今回はiPhoneにその付属CDを取り込んでみました。

 

しかも『安全に』です。

 

だれかの参考になれば幸いです。

 

まずはiTunesのダウンロード

f:id:keybordsummer:20200420094902j:plain

 

最初にパソコンにiTunesをダウンロード&インストール。これがないと始まらない。

 

ここ↓↓↓からダウンロードできます。

support.apple.com

Mac用とかWindows用とかあるので、注意。

 

あとは適当にクリックすると勝手にダウンロード&インストールされます。

 

音楽をパソコンにインポート(取り込み)

f:id:keybordsummer:20200326123629j:plain

インポートパターンは2種類あります。

CDからインポートするパターン

入れたい音楽がCDならCDをパソコンにセットします。

 

そしてiTunesを起動。

 

初期設定なら自動的に、『CDをiTunesにインポートしますか?』みたいなメッセージが出ます。もちろん『はい』で大丈夫です。

 

あとは待っていれば取り込み完了。インポート完了です。らくちん。

 

mp3などのデータ音源をインポートするパターン

既にパソコンにデータ音源がある場合で、それをiTunesにインポートする場合です。

 

まずiTunesを起動します。

 

その後『ファイル』→『ライブラリに追加』をクリック。

 

iTunesにインポートしたい音源を選択します。

 

最後に『開く』をクリック。

 

 

これで取り込み完了。インポート完了です。らくちん。

 

超重要!iTunesの設定

f:id:keybordsummer:20200420124220p:plain

ここが超重要です。

 

安全に取り込むために、iTunesの設定を変更します。

 

iTunesの『環境設定』→『デバイス』→『iPhone、iPod touch、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックを入れる

f:id:keybordsummer:20200420122931j:plain


 

この設定をしないと、自動的にiPhoneとiTunesが同期してしまい、既にiPhoneに入っている音楽が消えてしまう恐れがあります!

 

この設定は必ずやっておきましょう。

 

iPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続します。

 

USBケーブルで接続。持っていない人は買うしかありません。

 

USBケーブルであれば何でも良いでしょう。

 

iPhoneとiTunesを同期する

iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動します。

 

左上にスマホのアイコンがあるのでクリック。

 

f:id:keybordsummer:20200420122954j:plain

設定欄の『ミュージック』から『ミュージックを同期』にチェックを入れます。

 

そしてその下の『選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル』を選択。

 

あとはiPhoneに入れたい音源をアーティスト、プレイリスト欄から選択して『同期』→『完了』。

 

これでインポート完了です。お疲れ様でした。

 

それにしても結構めんどくさいよね…。

 

なぜか同期が出来ない人へ

f:id:keybordsummer:20200416194331j:plain

 

まぁ基本的には上記の手順なんですが、僕はすんなり同期が出来ませんでした。

 

なぜかというと、iPhoneのiCloudミュージックライブラリがオンになっていたからです。

 

iPhoneとパソコンを接続すると、『ミュージックを同期』項目出ず、『iCloudミュージックライブラリがオンです』という項目が出ていました。

 

これでは同期が出来ない\(^o^)/

 

この問題を解決するには、iPhoneの設定を変える必要があります。

 

iPhoneの『設定』→『ミュージック』→『iCloudミュージックライブラリ』をオフにします。

 

その後、もう一度iPhoneを再接続してiTunesを再起動すると、同期が出来ます。

 

Apple Musicに加入している人は注意! 

Apple Musicに加入している方は注意です。

 

iCloudミュージックライブラリをオフにしてしまうと、

 

Apple Musicでダウンロードした曲が消えてしまうかもしれません。

 

対処法はあるので、こちらのサイトを参考にどうぞ。

iphone.f-tools.net

 

要約すると、

 

iCloudミュージックライブラリを最初にオンする際に、『ミュージックを残す』を選択していないと、その後iCloudミュージックライブラリをオフにした時に、Apple Musicでダウンロードした曲が消えるかも。というはなし。

 

Apple Musicに加入していない人には、関係ないお話です。

 

まとめ。iTunesはめんどくさいよ

iTunesを使ったiPhoneへの曲の入れ方を紹介しました。

 

ぶっちゃけ凄い手間です。

 

大まかな流れとしては、

 

  1. iTunesに音楽をインポートする
  2. iPhoneをパソコンに接続する
  3. iTunesとiPhoneを同期する

 

こんな感じですね。

 

なんでこんなに手間なんでしょうか。

 

もう普通にmp3プレイヤーとかの音楽プレイヤーを使うほうが早い気がします。

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.