ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

【アニメ】『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』が面白いから見てほしい

こんにちは。山下です。

 

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』ってアニメ知っていますか?

 

f:id:keybordsummer:20200503110058j:plain

小説が原作でアニメ化も果たした人気作品です。

 

今回は、その「オカルティックナインが面白かったよ」ということについて書きます。

 

見てない人はこの記事を読んで、ぜひアニメを見て欲しいです。まじで面白かった。

 

こんな人に見てほしい

f:id:keybordsummer:20200503110319j:plain

  • オカルト(陰謀とか幽霊)好きな人
  • 巨乳好きな人
  • 驚きの展開が好きな人
  • 群像劇が好きな人
  • 考察が好きな人
  • フリーメイソン、300人委員会と聞いて『ピン』とくる人
  • ロケットニュース24読者の人

 

どこで見れるの?

僕はdアニメストアで見ました。

anime.dmkt-sp.jp

月額500円で色んなアニメを見れるので、オススメです。

 

初回は31日間無料で見れるので、なおオススメ。

 

どんなアニメ?

f:id:keybordsummer:20200503110549j:plain

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』は吉祥寺を舞台とした、科学アドベンチャー作品です。

 

簡単にストーリーをいうと、平凡な学生達が超巨大な陰謀に巻き込まれ、色々頑張って陰謀に立ち向かうが…みたいな話です。

 

たぶんこんな感じです。ファンの人はごめんなさい。テキトーな説明で。

 

ストーリー

コミュ障で冴えない高校2年生である我聞 悠太(がもん ゆうた)

f:id:keybordsummer:20200428215500j:plain

この主人公が吉祥寺どころか、世界を揺るがす陰謀に巻き込まれて、

 

同じ境遇の友達が出来て、

 

なんやかんや仲間と陰謀に立ち向かうけど、

 

思ったより陰謀を企てる組織は巨大で…

 

そういう話です。

 

ぶっちゃけ残酷です。グロいとかではなくて。いやちょっとグロいかも。

 

どこが面白いの?

僕が個人的にどこが面白かったのかを解説していきます。

 

ストーリーの展開が驚きの連続で凄い

f:id:keybordsummer:20200503110926j:plain

このオカルティックナインという作品の面白さは、『展開の幅広さ』にあります。

 

序盤はスロースターターです。

 

しかし中盤から怒涛の展開が続きます。

 

この『展開』というのが、想像のはるか上にいくものでして。

 

最後まで「いやーまじかぁ…きついわ」っていう感想が常にある状態です。

 

序盤から伏線はある

f:id:keybordsummer:20200503111019j:plain

序盤はスロースターターですが、

 

序盤から伏線が散りばめられています。

 

そしてその伏線に気づけるのは、物語終盤です。

 

なので、もう1回アニメを見返すことで、スッキリします。

 

面白いよ。

 

主人公が良い

f:id:keybordsummer:20200503112453j:plain

最近流行りの『俺強え』系の真逆をいく「俺弱え」系の主人公です。

 

とはいっても主人公なので特有の鍵となる能力は持っていますが、基本は貧弱です。

 

なんだろ、応援したくなるような。

 

主人公がオカルト系のアフィリエイトブログを運営しつつも、アクセス数は微妙という立場が良いです。

 

応援したくなる。

 

印象的なシーンが多い

f:id:keybordsummer:20200503111158j:plain

僕のお気に入りのシーンは、アルビノの少年が箱に『ある物』を詰めて、主人公達に詰め寄られるシーンです。

 

狂気的な雰囲気を醸し出しているこのアルビノの少年のシーンは強烈です。ゾクゾク来ますよ。

www.youtube.com

 

他にも『主人公達は実は◯◯◯だった』『どうでも良さげなキャラが〇〇と判明』するシーンは鳥肌もんです。

 

世界観が面白い

f:id:keybordsummer:20200503111446j:plain

吉祥寺が舞台という庶民的な世界観が良いです。

 

吉祥寺ですよ。すごく身近に感じる上に、サブカルな雰囲気も共感できる。

 

そして現実の吉祥寺の建物がアニメで再現されています。

 

物語の起点となる場所『井の頭公園』も再現されていて、ニヤリとできます。

 

他にも『吉祥寺駅サンロード』や、『武蔵野八幡宮』も再現されています。

 

そんな庶民的な世界観ですが、敵となる組織の陰謀がとてつもないもので、物語に引き込まれます。

 

陰謀にロマンがある

f:id:keybordsummer:20200503111929j:plain

この物語には敵となる組織がいます。

 

で、その組織には『とある陰謀』があるのです。

 

そしてその陰謀とは、霊界と交信できるような仕組みを作ることです。

 

つまり、

 

『生きてる人間と死んで魂だけになった人間同士を、普通に接せるようにする』

 

 幽霊と生きてる人間をコミュニケーション取れるようにしよう。みたいな感じです。

 

ロマンありますよね。

 

死んだ人間と普通に話せる世界ってロマンの塊だと思います。

 

もちろん敵組織の企みなので、悪企みはあります。そこは見てのお楽しみに。

 

ていうかまだ未完です

f:id:keybordsummer:20200416193650j:plain

2014年に原作であろう小説がリリースされていますが、今現在まだ続いています。

 

しかし2017年に3巻が出されて以来、刊行は止まったまま…。

 

たのむ。完結してくれー。

 

という訳で面白いので見てほしい

f:id:keybordsummer:20200503112116j:plain

という訳なので面白いので見てほしいです。

 

全12話なので、比較的見やすいと思います。

 

ちなみにアニメと小説、漫画と様々な媒体でメディアミックス展開されていますが、

 

結末はそれぞれ違います。

 

アニメがトゥルーエンドに近いっぽい気がします。

 

とにかく面白いのでオススメ。

 

(参照:「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」アニメ公式サイト

 

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.