ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

Amazonの『置き配』が便利!対面受け取りの必要ナシなので、活用したほうが良い

f:id:keybordsummer:20200716161343j:plain

Amazonの新サービス『置き配』が始まっているのをご存知でしょうか。

 

置き配とは、対面受け取りをせずに、指定の場所へ荷物を置くことです。

 

例えば、玄関先とかガスメーターの中、自転車のかごの中などなど。

 

いちいち対面で受け取る必要がなく、印鑑も必要ありません。

 

配達員さんが荷物を置いていくことで、わざわざ受け取りに出向く必要がなく、印鑑も押さなくて良いです。

 

配達員さんも荷物をスピーディーに配達出来るうえに、再配達の心配もありません。

 

まさにWIN-WINのサービス。

 

今回はそのAmazonの新サービス『置き配』で荷物を注文してみました。

 

実際に利用してどうだったか、やり方と感想を書いていきます。

 

Amazon置き配ステップ①まずは注文

f:id:keybordsummer:20200525114828j:plain

欲しい商品をカートに入れて、早速レジに向かいます。

 

商品の注文画面にて、デフォルト設定で『置き配』が選択されています。

f:id:keybordsummer:20200716120512j:plain

f:id:keybordsummer:20200716121616j:plain

もちろん、置き配ではなく、対面受け取りも選択可能ですので、ご安心を。

 

今回は置き配先を『玄関』にしてみました。

 

お支払い設定後、そのまま注文確定へ。

 

果たして無事に置き配してもらえるのか。ドキドキ。

 

Amazon置き配ステップ②あとは待つだけ

f:id:keybordsummer:20200511115223j:plain

ステップ②と表していますが、あとは待つだけです。

 

ドキドキしながら待ちましょう。

 

ドキドキしながら待っていると、このようなメールが届きます。

f:id:keybordsummer:20200716122119j:plain

「ちゃんと荷物を玄関に置きましたよ!」と言わんばかりの画像証拠メールが届きます。

 

そう、お気づきかと思いますが、気づいたら既に荷物が届いているんです。

 

「インターホンに気づかなくて出られなかった」

「外で仕事中で不在だった」

「入浴中で受け取りに出られなかった」 

 

そんな心配はもうありません。そう、置き配ならね。

 

Amazon置き配ステップ③荷物を確認して受け取る

f:id:keybordsummer:20200716124729j:plain

置き配指定した場所へ荷物確認しにいきましょう。

 

今回僕は無事にゲットできました。

f:id:keybordsummer:20200716123610j:plain

 

何か問題があれば、Amazonカスタマーサービスへ即連絡。

 

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwjlxqiQ69DqAhWOd94KHQjrDEIQFjAAegQIBRAB&url=https%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fgp%2Fhelp%2Fcustomer%2Fcontact-us&usg=AOvVaw3dvmFWPIenQXA0D01RxviI

 

返品交換即時対応してもらえるので、連絡は迅速にしたいところです。

 

Amazon置き配のデメリット『盗難の可能性』

f:id:keybordsummer:20200716124934j:plain

メリットづくしの置き配ですが、デメリットもあります。

 

それは盗難の可能性があるということです。

 

荷物を無防備のまま、玄関や庭、自転車のカゴに入れておくと、盗難の危険性が発生してしまいます。

 

盗難対策として

盗難対策として、宅配ボックスや暗証番号付きの置き配ボックスを活用しましょう!

 

それこそAmazonで販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

置き配は便利なので、活用したほうが良い

f:id:keybordsummer:20200511114320j:plain

結局のところ、僕が本記事で主張したいことは、

 

「置き配は便利なので、活用したほうが良い」

 

ということです。

 

対面受け取り時の煩わしい部分が全て取り除かれている素晴らしいサービスだからです。

 

セキュリティに不安がある人は、「オキッパ」などの対策グッズを用意すればいいだけですし。

 

スピーディーに荷物を受け取りたい人は、置き配サービスを利用していきましょう!

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.