ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

北九州に移住するので、支援制度の申請をしてみた

f:id:keybordsummer:20200826203222j:plain

 先日、僕は無職になった。

 

無職になった経緯は、こちらの記事で確認できるので、暇な人はどうぞ。

www.keybordsummer.net

無職になったとはいえ、僕には養うべき人がいる。妻と娘だ。

 

早々に働かないといけない状況なのは、自明の理だろう。

 

僕は現在東京に在住しているが、無職になったこともあり、これ以上在住している意味がない。

 

ということで、僕の地元である福岡県北九州市に家族共々、移住することにした。

 

僕の実家付近に住むことで、生活科の安定化を図ることが目的だ。

 

正直東京は合わなかった。東京の余裕のない雰囲気や、嫌な緊張感、テキパキと働いている方々が苦手だった。

 

4年ほどお世話になった東京を後にし、僕は地元に帰ることにする。

 

北九州市移住支援制度を知る

f:id:keybordsummer:20200826203524j:plain

僕が住んでいたころよりも、地元北九州はより発展している。

 

その証拠となるのが、この北九州移住支援制度である。 

www.city.kitakyushu.lg.jp

調べてみてわかったが、移住支援制度にはいくつか種類があるようだ。

 

  1. 子育て・転入応援メニュー【賃貸】
  2. 新生活応援メニュー【賃貸】
  3. 定住・移住促進支援メニュー【持家】

 

この3種類である。

 

なぜか支援という言葉を『メニュー』という言葉に置き換えているが、要は支援である。

 

この3つの支援制度の中で、僕が当てにしようとしていた制度はこれだ。

 

『子育て・転入応援メニュー【賃貸】』である。

 

子育て・転入応援メニュー【賃貸】の支援額と対象者

f:id:keybordsummer:20200826203639j:plain

この制度の名前通り、子育て・転入を目的とした移住者を支援制度である。

 

この制度は、具体的に以下のような支援がされる。

【最大20万円(家賃2ヶ月相当分)、その他夫婦共に市外に1年以上居住している新婚世帯、又は子どもが3人以上いる多子世帯のいずれかに該当する場合、最大30万円(家賃3ヶ月相当分)】

引用:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000766362.pdf 

最大20万円と設定された家賃2ヶ月分または、最大30万円と設定された家賃3ヶ月分が支援される制度だ。

 

移住直後は、お金が全くない僕たちにとっては、超絶ありがたい制度である。

 

なお、支援対象者は以下の通りである。

<対象者>

○申請者が39歳以下で市外に1年以上居住し、かつ世帯人員が2人以上の世帯で、以下の
いずれかに該当する方 ・新婚世帯(結婚5年以内、又は3ヶ月以内に結婚予定) ・多子世帯(子ども2人以上と同居) ・多世代同居又は近居(子どもがおり、親と同居又は近居) ・企業移転などに伴い転入する従業者

<対象住宅>

*街なか※2 区域内に所在し、宅建業者の仲介を受けた住宅に限る。 ○街なかの民間賃貸住宅(街なかに所在する中古の賃貸住宅) ○特定優良賃貸住宅(特定優良賃貸住宅の認定を受けたもので家賃補助が終了したもの) ○空き家バンク登録住宅(北九州市空き家バンク要綱に則って媒介契約を締結したもの)

引用:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000766362.pdf

ご覧の通り、対象者そして対象住宅の条件は、かなり細かい。

 

ちなみに『街なか』というのは、北九州市が独自に区分けした市内の区域のことである。

市内のほとんどを網羅しているため、大抵の住宅は当てはまっているはず。

 

支援対象に当てはまるのか

f:id:keybordsummer:20200826203938j:plain

僕の場合だと、支援対象に当てはまるのか。

 

考えてみた。

 

  • 対象者:新婚世帯(結婚して2年ぐらい)なのでok
  • 対象住宅:街なか区域内かつ民間の賃貸住宅。

 

問題なしだと思う。

 

必要書類を北九州市のWebページからダウンロード&印刷して、必要事項の記入を行う。

 

書類の記入は簡単だ。申請者の名前と現住所、印鑑、入居予定物件の住所を記入するだけ。

 

記入後、北九州市に郵送して手続きは完了である。

 

郵送翌日、電話が鳴る

f:id:keybordsummer:20200416194233j:plain

郵送後、僕のiPhoneが鳴った。

 

北九州市から電話がきた。

 

電話内容はこうだ。

 

「申し訳ありません。山下様の移住予定住宅は、支援対象外となります。理由としましては、移住予定の物件が、土砂災害特別危険区域内の物件だからです。」

 

まさかの支援対象外である。

 

なんとかならないか交渉してみたものの、やはり難しいようだった。

 

家賃3ヶ月分最大30万円の支援を当てにしていた僕は、途方に暮れた。

 

移住を予定している方は、支援制度を要チェック

f:id:keybordsummer:20200826204138j:plain

今回、僕は残念ながら支援対象外となってしまった。

 

しかし、支援制度があるということを知れたのは大きいと思う。

 

もし、この記事を読んで、移住を検討している方がいたら、移住先の支援制度を調べることをおすすめしたい。

 

条件によっては、かなりの額の支援金が貰える可能性があるので、調べておいて損はないはず。

 

僕は、支援対象外となってしまったので普通に移住します。

 

最早ただの引越し。

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.