ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

未だに2009年製MacBook Pro13インチを愛用している理由

僕はMacBook Proを持っている。

f:id:keybordsummer:20200908110555j:plain

 

www.keybordsummer.net

 

 

www.keybordsummer.net

 

しかしかなり古い。

 

なんだって2009年製だ。

 

型番、モデルナンバーでいうとA1278

 

未だにこんな化石みたいなApple機器を使っている人がいるのだろうか。

 

たしかに古いMacBook Proだが、2020年9月現在、絶賛愛用中である。

 

今回は、なぜ未だに2009年製MacBook Proを愛用し続けているのか、良い点悪い点を書いていく。

 

 

良い点①全く壊れない

驚くべきことに11年前に発売されたこのMacBook ProA1278。

 

壊れる気配がない。

 

驚くべき頑丈さである。

 

発売から11年経った現在、何も故障がないという点は素晴らしく、その屈強さに惚れかねない。

 

そう、屈強なのである。

 

ボディが厚い。

f:id:keybordsummer:20200908110405j:plain

なんだってDVDドライブが付いているから。

f:id:keybordsummer:20200908110456j:plain

ちなみに僕には、愛すべき娘(もうすぐ2歳)がいる。

 

娘にこのMacBook Proをおもちゃのように、ぞんざいに扱われているが、それでも壊れない。

 

トイストーリーもびっくりな超頑丈仕様なのだ。

 

良い点②動作問題異常なし

頑丈さを証明した2009年製MacBook Proだが、動作にも支障がない。

 

ちなみにスペック的には以下の通りだ。

f:id:keybordsummer:20200908111240p:plain
古すぎるCPUにメモリも8GBしかない。

 

だがしかし動く。全然問題ない。

 

MacOSがいかに優秀なのか驚くばかりだ。

 

僕の使用用途としては、

  • ネットサーフィン(Safari)
  • 画像編集(Photoshop)
  • 動画鑑賞(YouTube Amazonプライム、DVD)
  • ブログ更新(はてなブログ)
  • オフィス系ソフト
  • 常にAppleミュージック聴きっぱなし

これらの用途であるが、MacBook Proの動作が鈍くなることはなく、軽快な動作をもたらしてくれる。

 

普通の使用用途では、何も問題ないのだ。

 

良い点③タイピングが快適すぎる

2009年製MacBook Proを愛用する以前は、僕はWindowsユーザーだったため、東芝dynabookを愛用していた。

 

しかし離れた。タイピングに難があったから。

 

具体的にいうと、キーが押しにくい上に、ひとつひとつの面積が大きいため、ミスタッチが多くなるのだ。

 

だがしかし、

 

この2009年製MacBook Proにに乗り換えてからというものの、タイピングがとても楽しい。

f:id:keybordsummer:20200908112914j:plain

f:id:keybordsummer:20200908112931j:plain

キーを押す感触が心地よいため、タイピングによる疲労が少ない。

 

どんどん文字を打ちたくなるような魔法のキーボードなのだ。

 

もちろん今現在、MacBook Proはより進化しているうえに、さらに打ち心地が良くなっているかもしれない。

 

しかし僕はこれでいい。いやこれがいい。この感触が良いのだ。

 

当面の間、というか致命的に壊れるまで愛用し続けようと思う。

 

良い点④DVDドライブが付いている

今は亡き、DVDドライブが付いている。

f:id:keybordsummer:20200908110456j:plain

DVDドライブが無くなったため、今のMacBook Proは薄い。

 

外付けでDVDドライブを付けることもできるが…

 

僕としては、DVDドライブは欲しい。

 

なぜならDVDを良く見るからだ。

 

サブスク全盛期である現代ということもあり、DVDのような記録媒体の恩恵を忘れがちだが、DVDは良い。

 

配信されていない映像はもちろん、記録媒体として手元に残るため、コレクションしている感があるためだ。

 

お気に入りのMacBook Proでお気に入りのDVD映像を見る。至福である。

 

良い点⑤Adobe系ソフトとの相性が良い

これは僕の個人的な感想というか思うことなのだが

 

Adobe系のソフトと相性が良いように思える。

 

僕が普段よく使用するのはPhotoshop。

 

CPUもメモリも古い高齢なMacBook Proだが、難なくPhotoshopが軽快に動く。

f:id:keybordsummer:20200908114657p:plain

レインボーマークが出ることは少なく、画像編集ソフトとして問題なく使える。

 

使えるため、学びたい欲が溢れでる。その結果、ソフトを使いこなせるまでに至るので、このMacBook Proは僕の人生に必要不可欠なものになっている。 

 

悪い点①OSのアップデートは出来ない

これだけ古いMacBook Proだ。OSのアップデートには対応していない。

f:id:keybordsummer:20200908115211p:plain

El Capitanからアップデート不可能だ。

 

つまりOS最新のアップデートをしていないため、いつ動作が不安定になるのかわからない。

 

明日かもしれないし、今この瞬間かもしれない。

 

まさに神のみぞ知るところだ。

 

今のところ快適な動作だが、いつ爆弾が爆発するのか。不安な点もある。

 

悪い点②スピーカーの質があまり良くない

11年前のMacBook Proというだけあって、スピーカーの質が良くない。

 

安いスピーカーにありがちな、シャカシャカ音声なのだ。

 

僕はそこまで音質にこだわっていないため問題にならないが、こだわる人には気になる点かもしれない。

 

YouTube見るぐらいだったら、気にならないと思うけど。

 

悪い点③重い

f:id:keybordsummer:20200908120821j:plain

ボディが厚い。重い。持ち運びには向かないと思う。

 

悪い点④ボディが熱くなる

MacBook Proは排熱処理が凄まじいため、よく熱を帯びる。

f:id:keybordsummer:20200908120906j:plain

油断していると、100度ぐらい平気でいくので対策は必要。

 

無対策だとMacBook Proそのものの寿命を縮めかねないので、対策したほうがいい。

 

 

www.keybordsummer.net

 

 

www.keybordsummer.net

 

まとめ。これからもよろしくMacBook Pro

というわけで2009年製MacBook Proの良い点悪い点を書いてみた。

 

悪い点もあるが、良い点のほうが際立つため、今後も愛用していく次第だ。

 

というか普段使いで何も問題がないので、買い換える理由がない。

 

MacBook Proのクオリティの高さにビビりつつも、今日も1日過ごしていきます。

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.