ヤマろぐ。

Apple製品と生きていく。

Amazonで買ったiPad専用デジタルペンシルENNOTEC『スマートペン』をレビュー

f:id:keybordsummer:20200918222919j:plain

まだまだ暑い季節が続くが、そんなことは僕には関係ない。

 

だって無職でニートだから。

 

加えて引きこもりなので、暑い世界とは無縁だ。エアコンの効いた涼しい室内で、今日もブログを書いている。

 

仕事を辞めてから在宅時間が長く、永遠にYouTubeかAmazonを見ている毎日である。

 

そこで今回は、だらだらAmazonを彷徨い続けた結果見つけた、ある便利グッズをレビューしていく。

 

その名もiPad専用デジタルペンシル『スマートペン』だ。

 

実際に購入して使い勝手が良いかどうかレビューしていくよ。

見た目

箱から取り出して外観の確認。

f:id:keybordsummer:20200918224534j:plain

f:id:keybordsummer:20200919082757j:plain

f:id:keybordsummer:20200919082843j:plain

f:id:keybordsummer:20200919083224j:plain

f:id:keybordsummer:20200919083042j:plain

  • スマートペン本体
  • USB充電ケーブル
  • MicroUSB変換アダプタ
  • ペンケース
  • ピンセット
  • 変えの芯
  • 取扱説明書
  • 心温まるお礼のカード

以上が同封されている。

 

個人的にお礼のカードはポイント高い。

「買ってくれてありがとう。1年間保証をつけておくよ!あと時間あったら使用した感想を投稿してね!」みたいなお礼の文。こちらこそ感謝したいので、ブログで使用感を書いていく。

 

充電してみる

スマートペンが充電されていなかったため、充電する。 

f:id:keybordsummer:20200919081025j:plain

よく見ると、ペンの頭付近が赤く点灯している。赤点滅時が充電中の証拠だ。

 

ちなみに充電が完了すると、青く点灯するので、充電が終わったかどうかスグにわかる。

 

ペアリングする

スマートペンを使用するにはiPadとペアリングする必要がある。

 

このペアリングだが、とても簡単にできるようになっている。

 

iPadの画面付近にペンの先端を軽く触れるだけだ。

iPadに触れるとペンが青く光る。それがペアリングができている証拠となる。

 

これでスマートペンの準備は整った。

 

実際に書いてみる

iPad純正のメモアプリを使って書いてみる。

 

ご覧の通り、スイスイ書ける。

 

書き心地としては、ツルツルしてる感じ。たぶんiPad Airに貼ってある保護フィルムの影響も多少あると思うが、

 

デジタルペンシルとして、問題なく使用できる。

 

Apple pencil不必要説

Apple信者に喧嘩を売るような見出しだが、このスマートペンを使うことで少なくとも僕は、Apple pencilは不要に感じる。

 

それぐらい最高のデジタルペンシルだと感じた。

 

  • 安価
  • 文字が書ける
  • 書き心地抜群
  • 画面スクロールに対応
  • ペアリング簡単すぎ
  • 5分放置すると自動的に電源切れる

 

これだけの機能が付いて2000円程の値段だ。コスパ最高峰のデジタルペンシルといっても過言ではないように思える。

 

Apple pencilが高価で買えないという人や、とりあえずデジタルペンシルが使いたいという人にオススメしたい。

 

とりあえず僕はこのスマートペンが壊れて使い物にならない状態になるまで、使いこもうと思っている。

 

以上、 iPad専用デジタルペンシル『スマートペン』のレビューでした。

 

 

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.