ヤマろぐ。

〜iPadで始める副業生活〜

コロナがやばかったので田舎へ移住した。その後の生活とか経緯とか。

今年も残るところ後、1日。

 

2020年が終わりを迎えようとしている。

 

今年一年はやはり、全国民がコロナウイルスに振り回された一年になったと思う。

 

僕もその内の一人だ。

 

8月に仕事を辞め、9月下旬に東京から地元に移住した。

www.keybordsummer.net

 

www.keybordsummer.net

 

この行動は、コロナウイルスが直接的な原因とは言わないものの、あのまま都内に住む危険性を考えると、間違っていないように思える。

 

この記事では、その移住するに当たっての一連の流れ、移住後の現在の生活を振り返ってみたいと思う。

 

退職代行を利用してヤマト運輸のドライバーを辞めた

f:id:keybordsummer:20200826203639j:plain

今年一年の一番デカい出来事といえば、コレ。

 

ヤマト運輸のドライバーを辞めたことである。

 

辞めた理由などは、こちらの記事を参照してもらえると。

www.keybordsummer.net

 端的にいうと、

 

  1. 体力と精神的にキツい
  2. 仕事量多すぎ。無理。
  3. コロちゃんやばくね?

 

という3つの理由。

 

繁忙期に辞めると流石に先方に気の毒なので、繁忙期後の8月にバックれた。

 

バックれというか合法バックれ。

 

退職代行を利用してのバックれ。

f:id:keybordsummer:20201230083634j:image

ちなみに利用した退職代行業者は、『退職代行SARABA』

 

他の退職代行業者は知らないが、ここの業者はキチンと即日退職可能だ。

 

利用方法は簡単。

 

LINEで退職代行SARABAを友達追加して、仕事を辞める意識を伝えてクレジットカードで支払いすれば翌日から出勤しなくていい。

 

お金はかかってしまうが、即効で退社出来るので、誰にも会わずに即辞めたい人にオススメ。

 

というか悩む暇があったら、さっさと退社して次を探すほうが賢明。

 

地元、北九州に移住

f:id:keybordsummer:20201230183946j:plain

f:id:keybordsummer:20201230184015j:plain

仕事を辞めたので、これ以上東京にいる理由もない。

 

地元である北九州に移住することにした。それが今年の9月下旬。

 

嫁と娘の2人を抱えて、地元に帰ってきたわけだが、これがマジで正解だったと思う。

 

超快適な移住ライフが送られているからだ。

 

その理由はこちら。

 

  1. 人が全体的に少ない
  2. 意外と商業施設は充実している
  3. 意外と仕事ある
  4. 車通勤最高
  5. 景色が綺麗

 

まず地元に移住して、即効で就職した。

 

ちなみに倉庫業だ。なんか簡単そうだったから。

 

電車通勤は東京でコリゴリなので、車通勤を選択。満員電車とか無縁で快適。一人のプライベート空間って大事だと思う。

 

あと田舎なので、人少ない&景色が綺麗。

 

これでストレスの蓄積具合が軽減される。

 

収入は減った

f:id:keybordsummer:20201230184223j:plain

地元企業に無事転職はできた。

 

しかし、以前の会社の給与と比較して、およそ月10万円ほど収入減となってしまった。

 

これは仕方ない。

 

収入減となってしまったが、田舎は物価が安いため、さほどダメージはない。

 

収入は減ってしまったが、ストレスも同じぐらい減ったので、問題なし。

 

2020年内に生活は落ち着きそう

f:id:keybordsummer:20200330114747j:plain

9月に移住して、早3ヶ月ほど。

 

移住手続きや、保険とか年金とか諸々手続きはやり終えることができた。

 

転職も研修期間である3ヶ月を無事に終え、晴れて来年から正式に正社員として、働ける。

 

とりあえず、やるべきことは終えて、年が越せそうで一安心。

 

来年やるべきことは副業

f:id:keybordsummer:20200330113313j:plain

これまであまり、副業としてライター活動を行っていなかった。

 

というのも、前職でわりと良い給与をいただいていたので、必要性がなかった。

 

しかし地元企業に転職したことによって、副業の必要性が産まれてしまった。

 

手始めにクラウドソーシングで月1万円稼ぐことを目指したい。

 

ランサーズとクラウドワークスで頑張っていきます。

 

 

Copyright © 2020 ヤマろぐ。 All rights reserved.